電子入札に参加するためには、下記のようなハードウェア、ソフトウェアが必要です。


ハードウェア

パソコン本体 Windows 8.1 / Windows 10 が
正常に動作しているPC
(下記のICカードリーダが接続できるもの(※1))
ICカードリーダ ICカード購入先認証局で指定されたカードリーダ(※1)

ソフトウェア

OS Windows 8.1
Windows 10
ブラウザ Internet Explorer 11 (Win8.1,Win10)(※2)
ICカードリーダ用
ソフト
各認証局にてご確認ください。
  (※) マイクロソフト社のサポートポリシー変更に伴い、旧バージョンのIEはサポート外となりました。(参考:IEサポートバージョンの変更

ネットワーク等

回線 :インターネットへの接続手段として,ダイヤルアップ(一般電話回線,ISDN回線)などがありますが、ADSLや光回線等の高速で安定した常時接続回線をお勧めいたします。
プロバイダ: インターネットを利用するためには,プロバイダ(ISP)との契約が必要となります。
  ※低速回線を使用すると、画面がきちんと表示できない場合あります。
【通過が必要な通信プロトコル】
  HTTP   Hypertext Transfer Protocol
  HTTPS Hypertext Transfer Protocol Security
  SMTP   Simple Mail Transfer Protocol
 (LDAP   :Lightweight Directory Access Protocol (※))

LDAP通信が出来ないパソコンでも電子入札システムは問題なくご利用いただけますが、提出した電子署名の検証を行う機能のみ、ご利用になれません。(平成19年10月以降)

※社内LANを使用する場合、社内のファイアーウォールが上記の通信プロトコルの通過を
許可されている必要があります。

上記プロトコルが通信可能かどうかの確認は、社内のネットワーク管理者、 又はご利用のプロバイダにご確認願います。

※電子入札システムが発行する電子メールのアドレスの変更について
    2019年2月08日まで:chotatsu@zaisei.city.nagoya.lg.jp
    2019年2月12日から:chotatsu@chotatsu.city.nagoya.jp




※1 「少額物品システム」のみご利用の場合は除きます。
※2 Microsoft Edgeは動作対象外です。 Windows8.1ではデスクトップ版InternetExplorerのみ動作対象とします (全画面専用(WindowsUI版)のInternetExplorerは動作対象外です)。

※ 上記のほか、各種の設定が必要となる場合があります。こちらをご覧ください。